2014年10月5日日曜日

癌かもしれない

夏になってからずっと胃が痛くて痛くて
内科の先生に診てもらったら「胃炎でしょうね」と言われた
仕事中に胃痛があるたびに薬を飲んで凌いでいた
フツーに食欲はあったし
前回のブログに書いたけれど
毎週日曜日には外食して一人飯(ひとりめし)を楽しんでいた
だから症状が悪くなっているとは思えなかった


月曜になってから食欲をなくす
貧血みたいな立ち眩みに襲われたりした
おかしいな
風邪の症状かなと思っていた
木曜日
気分が悪い
胃が重くて苦しくて眠れなかった
明け方にゲロを吐いた
唾液と胃液だけのゲロに血が混ざっていた
あっ死ぬなと思った

そして胃腸科の病院に行った
胃カメラを飲まされて泣いちゃった
あんな固くて太い物を体内に入れたらいかんでしょ(怒)
検査後に呆然自失としてしまった
処女を失った乙女の様な気分になったよ
撮影した写真を見せてもらったら
胃の一部が真っ白になっていてそこから血が吹き出ていた
結果は重い胃潰瘍だった
重いというか末期というか
「もうちょっとで救急車で緊急入院だったよ」と医師に言われた
「それに癌かもしれないけれどノイローゼにならないでね」とも言われた
なんでも潰瘍の一部が癌化し始めているかもしれないらしい
生体を採取して検査してもらっている


癌かもしれないと医師に言われても全然ショックじゃなかった
たった1日の病院代に1万円以上も払った事がショックでショックで()
こんなもの払うために死ぬ思いして働いてきたわけじゃないと思った
結果は今週中に知らせるというのだが
癌だったら手術しなければならないなぁ・・・
余計に使うお金は無いのに

将来の夢は
美味しい物を食べて
好きな時間に寝て
自宅にひきこもって暮らすことだ
貯金が必要になる
その夢を実現させるために今働いている
この病気が原因で食べる楽しみを失ってしまうとしたら
生きていてもしょうがないと思う
死ぬことは全然怖くない
「ノイローゼにならないでね」と医師に言われたが
30年間ノイローゼ状態なんで()
生きていることのほうがノイローゼになるんで


働くことに何の意味があるのだろうかとも思う
しかし今後もお金がかかるだろう
だから会社通いは続けなければならない
医師から「診断書を書くから会社を休んでください」とありがたい御言葉をいただく
病院の医者みたいな勝ち組は非正規社員の現状を知らないのだろう
胃潰瘍ごときで会社を休んでいる場合じゃない
非正規社員の泣き所だ

仕事は絶対に辞めない
辞められない


ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ


4 件のコメント:

  1. 病状が重そうですがどこか境地に至ったようなご自身の見解でほっとするようなとこもありますが、大変な状況だとお察しします。私は数年前に卵巣に腫瘍ができてたのが大きくなり捻転を起こし激痛で入院、すぐ手術の運びとなりました。幸い良性でしたが、その先生は大方どちらか分かった上でおっしゃてるのか分かりませんが、何か軽いですね…ショックからあえて深刻なり過ぎないように話されてるのかもしれませんが、とにかくご無事であってほしいです。会社の方は有給休暇とれないんですかね、こういうとき月給だといいですよね。もしものことがあれば生活保護の受給を考え療養されたらと思います。頑張りすぎないで下さいね!!

    返信削除
  2. 検査の結果次第ですね
    ここまで良く我慢しましたね。尊敬します。昔はどんな人であれ、生きてく為の逃げ道があったけど、今は逃げ道が無いと思います。袋小路と言うか。程々の仕事なんてバイトでも無いし、居心地良かった会社は倒産するし、
    体壊すと元も子もないし。

    返信削除
  3. ふわちょさん、はじめまして。40代独身の一人人間といいます。

    こちらのブログには以前から寄らせて頂いてましたが、始めての書き込みです。

    お体の方は大事ないでしょうか。私は何かある事に、胃と腸と精神に支障をきたします。

    自分に正直に赤裸々に綴られるこのブログが、同世代の自分と重なり心を打ちます。

    私は今年の5月に4年間勤めた会社を辞めました。1番長く正社員で勤めた会社です。
    正社員となって、勤めては辞め、勤めては辞めを繰り返し、転職回数が2桁になり
    履歴書には書けないような状態でも雇ってくれた会社。
    始めはありがたい気持ちで勤務し、天国だと思っていましたが、上司が変わってからは地獄でした。
    仕事が出来ない私はよく立たされていました。小学生みたいな感じですよね。(笑)
    5月某日も暇ではないのに立たされ、周りの目が痛いと思っていた時、道具箱が飛んできました。
    散らかった道具を片づけ、何も言わずそのまま帰宅。その後3日間無断欠勤。
    人事の方に呼ばれ、引き継ぎもなくそのまま退職となりました。

    いつも嘔吐の繰り返しだったので、その時はこれでいいんだと思っていました。

    しかし・・・いつも後悔をするのです。もう少し我慢できなかったかと。
    自分に問題があるからだろうと。

    ふわちょさんに比べると、自分はまだ甘いと感じました。
    現に今では心身共によくなり、思い出して笑えるぐらいです。

    ただ、そうして笑えるのは失業保険があるからで、それも時間の問題です。
    貯蓄もなく、失業してから引き籠り、失業保険の認定日ぐらいしか外出していない。
    周りの目が怖いのです。40代の男が昼に何をうろうろしているのかと思われるのが。

    でもこんなことを考えても前に進めないので、私もふわちょさんに負けないよう
    仕事を見つけてがんばります。

    また寄らせて頂きますね。

    返信削除
  4. こんにちは
    情景が目に浮かんで
    切なくなりました

    理由は何であれ
    人の心を傷つける行為をする奴は人間の屑だと思います
    一人人間さんは少しも悪くないと思います

    ぼくも他人の目が怖いですよ
    働いているけれど
    人目を気にしてコソコソと
    まるで指名手配の犯人みたいな生活をしています

    返信削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。