2013年11月10日日曜日

残業100時間

憎しみは毒だ
しかし昨年から今夏までの苦悩が忘れられない
トラウマとして脳裏にこびり付いている
アルバイトのリーダー
ベテランのアルバイトやフリーター
碌な奴がいなかった
今でも仕事の最中に時々思い出しては怒りが込み上げてくる
知りあってはいけない人たちだった

 2014年の手帳を買う
ぼくは来年も生きる気は有るらしい
正社員として働き始めて1ヶ月になる
楽な仕事だと書いてはきたが
この先はどうなるのかはわからない
何も期待してはいけない
いつも慎重でいなければならない

負け犬には負け犬の働き方がある
無能な中年男なら人一倍出勤してやる気を見せなければならない
日曜以外は朝の7時から夜の9時まで会社にいる
残業時間は月に100時間を越えてしまった
しかし精神的には楽な仕事だ
皆がぼくを放置してくれている
好きな時間に休憩して食事している
ランチも誰もいない食堂でテレビを観ながらひとりで食べている
のんびりとした環境の中で時間が過ぎていく
ぬるま湯の中に長時間浸かっているような感じだ
ぼくの仕事は無理はしない事だ
余計な事はしてはいけない
上からも「わからないことには手を出さなくていいから」とアドバイスされている
すごい会社だと思う
普通の会社なら「わからないことは憶えろよ」と説教されているだろう

支店長が社員間のコミュニケーションには無頓着な人なので助かっている
(無頓着というよりも人間嫌いなようだ)
支店内にもそれが蔓延しているようだ
一見すると全員が不仲なように感じてしまう
コミュ障のぼくでも
もう少し皆と話しをして仲良くならなければと焦るくらいだ
仕事の話の合間に世間話でもして周囲に溶け込もうと思うが
「それじゃ失礼します」とか「お疲れ様でした」と先に言われてしまう
そう言われると何も話せなくなる
皆もぼくと話したくないのかもしれない
それでもいいかな
表面上の付き合いのほうが気楽でいい
もう誰も憎く思いたくない
細く長くこの仕事を続けていきたい

近くに駅が無いから全員車通勤だ
だから一度も飲み会はない
忘年会はあるのだろうか?
忘年会
最初の難関になるだろう
ひとりカラオケにでも行って歌の練習をしてこようかな



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ


10 件のコメント:

  1. 残業が多くて大変ですね。でも、人間関係に苦しむ職場ほどつらい職場はないと思っています。これからも身体に気を付けて頑張ってください。会社の雰囲気が良さそう(?)で何よりです。

    返信削除
  2. 何の会社で拘束時間が長いのも分かりましたが、担当職務内容って何ですか~
    営業でもなさそうですし?内勤的な仕事内容ですか?
    事務的な仕事なら長く勤務出来そうな気がします。機会があれば教えて下さい

    返信削除
  3. ものすごく共感します。会社であったイヤな出来事が、5年以上経っても腹がたちます。

    返信削除
  4. ご自分の性分に合った職場に就けて良かったですね!お互い干渉しあわないようなドライな職場、ちょっと素っ気ないけど、対人関係でもめるより遥かに楽ですよね。
    ところで、残業代はちゃんと支払われるのですか?

    返信削除
  5. 凄くわかります。壁を作り、もしかしたら有るかもしれないイベントに備え、空想で終わったらそれはそれで仕方ありませんよ。私も長く生きていますと、「親切にしてはイケナイ輩」はいます。こちらはマナーと準備を備えお待ちしているのに、残念ながら自分「私が、、」がそんな程度の場所にしか居れない事を痛感します。
    只々、日々備えましょう。しかし、文章はうまいですね!杉並区で東京女子大の若い女子学生から見たら「路傍の石」は、、シビレマシタ。

    返信削除
  6. 「皆がぼくを放置してくれている」
    最高じゃないですか!!!!!

    ヒトの目を気にせず働けるわけですね。

    分からないことには手を出さなくていいなんて、自分のペースで働きたい引きこもり精神の方々にとっては理想の社風ですよ。

    病院の薬剤師なんて、仕事量が多くて常に全力スピードで仕事をやらないとまず終わらないですし、医師や看護師から質問され、新人なので分かりませんじゃ済まされませんからね。

    返信削除
  7. こんにちは。僕は現在理系大学四年生で、研究室に所属しています。人間関係と、自分の無能さへの恥ずかしさも相まって、研究室をさぼりがちになってしまいました。研究室にいかず家にいる間はもう罪悪感で一杯です。が、研究室に行くのも怖くて中々行けません。甘えてると言われてしまえばそれまでなんですが…。鬱のような状態になっています。
    ふわちょさんは鬱の経験おありでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 自分の2年前と同じすぎてびっくりしたわ!
      大学5年生の時、研究なんてマジでやってられなくて完全に鬱っぽい状態になった。
      遅刻は当たり前で、たまに休む状態が続き、いつの日か1~2週間適当な理由を付けて休んだら、教授に本気で怒られた。「おまえは甘えてる、ふざけてんのか、社会ではそれは通用しない」と。
      でも今は病院で薬剤師として働いています。
      そんなもんですよ。大量に休んだとしても、なんとか卒業研究を作って卒業できればいいのです。その時点で真面目に大学行ってる奴らと何ら変わりはないのだから。
      確かに研究室に行かないときの罪悪感は大きいですが、今になってみると、どうってことなかったな、と感じますね。

      削除
  8. すさまじい残業時間ですが、残業代はきちんと支給されているのでしょうか?
    精神的には楽な仕事で何よりですが、残業100時間は身体には影響が出てもおかしくないと
    思いますので、健康には気をつけてください。

    返信削除
  9. 人間関係って、本当に難しいですよね。私も、人間や社会が怖くて、外出も困難です。
    でも、ふわちょさんは、お仕事をされて、自分でしっかり稼いでいらっしゃる。
    とても、立派だと思います。 残業も多くて大変だとは思いますが、お体に気を付けて、頑張ってください。

    返信削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。