2013年9月29日日曜日

あれから5年

リーマンショックから5年になる
この5年間をとても長いと感じている
ぼくは3年間ひきこもって
2年間社会復帰に挑戦し続けている
今も挑戦している途上にいる

リーマンショックの影響で自営の仕事が無くなって廃業をした
土地や店舗を売却して借金を返した後
残ったお金を使い果たすまで自宅にひきこもり続けた
風呂に入らず顔も洗わず呆然と過ごした
「フトンのシーツを洗わせろ」と言う母に反抗して大ゲンカになったことがある
40過ぎのおっさんがくだらない事で親と口論して怒っていたのだ
完全に末期だった
自殺しようとは考えなかったが人生の終末を感じていた
これからは死人の様に生きようと決めた
ぼくが言う死とは感情の死だ
あなたの性格は子供じみているとこのブログのコメントに書かれたが
現実ではまったく逆の事を言われてしまう
「あいつは老人化している」と悪口を噂されたこともある
老人の様に落ち着いていて感情を見せないおじさんなのだ

しかし3年で貯蓄が尽きる
それどころか親に貸していた車が故障してしまい買い替えを余儀なくされた
とうとう借金生活が始まる
冬が近づいていた
ようやく重い腰をあげて働こうと決めた
ぼくは死んだように働くつもりでいた
(死んだつもりになって頑張って働くとは意味が違う)
ぼくはもう何の夢も希望も持たない
感情の死だ
何の感情を持たずにただ目の前の仕事をしていくつもりでいた

適当に携帯電話の部品工場の非正規社員で働き始める
10年間自営で仕事をしてきたのだ
自営も会社勤めも同じだ
環境は変わっても仕事を続けていく自信はあった
しかしうまくいかなかった
職場の人間関係と残業の多さにいつもつまずいた
ガス会社の営業→医薬品包装工場→司法書士事務所→自動車部品工場→パン工場
職を転々とした
最短では2週間で辞めた仕事もある
自信を喪失して自分の居場所がわからなくなった
このブログを始めたのはその頃だった
その後のことはブログに書いてあるとおりだ

長い5年間だった
これからの5年は長いだろうか?短いだろうか?
次の5年後に
このぼくは50歳を過ぎている

河原でヘビのぬけがらを拾う
いいことあるといいけど


ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ


7 件のコメント:

  1. たくです。
    ふわちょさんとは共通点がたくさんあります。
    僕も、喜怒哀楽がないと、いろんな人から言われました。
    とりあえずはニコニコ愛想よくしているけれど、常に人間関係につまずいていて
    いるので喜怒哀楽を感じる余裕がないんです。
    もう小学生の時からなんですよ。
    日向ぼっこして外を眺める老人をみて「いいな~、早く老人になってゆ~くりしたい」と思ってた小学生でした。
    人間関係のことばかり気にして、心が休まる時がないんですよね。
    なんで、こんな性格というか性質というか・・・こんなんになってしまったんだろう?
    と思う毎日です。

    返信削除
    返信
    1. たくさんこんにちは

      うん
      わかるわかる

      子供の頃に
      笑顔でいたら不真面目に見られて教師に殴られたことがあるのだけれど
      あれは何だったのだろう
      グーで顔面パンチでしたよ
      今でもトラウマです

      日ごろから笑顔を作っていないから疲れるんですかね
      自分でも無理して笑顔作っていると心中思いますもん
      ニコニコしていても何か心の中を見透かされているような気がして余計に疲れてしまう
      やっぱりひとりがいいです

      削除
  2. こんばんは~
    蛇の抜け殻を財布に入れておくとお金が貯まるそうですよ。
    早く仕事を決めて、貯金できるようになるといいですね。
    私も頑張らなくちゃ

    返信削除
    返信
    1. miryonさんも就活中なのですか?
      早く決まるといいですね

      削除
  3. 度々、匿名でコメントさせてもらっております。

    >あれから5年

    (あれから5年)のタイトルを見た瞬間、私は浜田省吾の(あれから二人)を思い出してしまい、久しぶりに聞いてしまいました。
    記事の内容に全く無関係で申し訳ありません。

    アイドル好きなふわちょさんには興味無いかもしれませんけど、私の好きな浜省の名曲を聞いてみてください?

    http://www.youtube.com/watch?v=TgP0k_fIR08

    返信削除
    返信
    1. ぼくも浜省を聞いて生きてきた男です(笑)
      匿名さんは何が一番好きですか?
      今のぼくはLONG GOOD-BYE(長い別れ)です
      若い頃はJ.BOYや終わりなき疾走や独立記念日が好きだったのですが
      歳と共に好みが変わりましたね
      浜田省吾と言えばラブ・ソングだと今では思っています

      削除
    2. 度々、匿名でコメントさせてもらっております。記事ズレコメの返信有難うございます。


      >匿名さんは何が一番好きですか?

      私も若い頃はJ.BOYや愛の世代の前にが好きでしたが、歳を重ねるごとに好みが変わって来ました。

      ふわちょさんは、(日はまた昇る)は知っていますか?
      私はこの楽曲に勇気をもらい、己を鼓舞し、明日まで生きてみようと思い止まらせてくれるような歌詞に共感します。
      再就職を目前に不安になっているふわちょさんに、是非、聞いてもらいたく、歌詞をかみしめて頂きたいと願います。
      ラブソングではありませんが、私の名曲の一つです。


      (どの道を歩いて行こうと、君は君のその人生を、受け入れて楽しむ他ない、最後には笑えるように)・・・by浜省

      削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。