2013年8月31日土曜日

60

今年の8月はどこにも旅行に行かないで終わる
土日はガッツリ自宅にひきこもっているつもりだ
お金はないし旅行を楽しむ気持ちの余裕もない
ぼくは国民年金を免除してもらっている
生活のために全収入を使い果たしているからだ
ちゃんと就職すれば厚生年金に切り替わる
それに年金受給者になるまでには死のうと思っているから払う必要もない
年金受給資格は65
漠然ではあるが
ぼくは65歳までは生きないと決めている
両親の最期を看取った後に死にたいと思っている
今の人生が苦しいならば老後の人生はもっと苦しい
我慢して生きる意味などあるだろうか?
60歳までに自死の道を選ぶだろう


アルバイトをはじめて4ヶ月以上が過ぎた
一度も髪を切っていない
ぼくは仕事が順調になるまでは髪の毛を切るのはよそうと決めた
髪の毛を切ることで仕事の運も切ってしまう気がしたからだ
結局仕事はうまくいかなかった
納得できない日が続いている
4ヶ月間散髪しないでいたから頭はボサボサになった
抜け毛で部屋が汚れるようになった
ぼくが髪や髭を伸ばすと不審者になってしまう
イケメンならオシャレで格好よくなるけれど
ぼくの場合はただの無精なヲタクに見られてしまう
どうせ工場とハロワとコンビニにしか行くところはない
誰にどう見られようがどうでもいいと思っている
しかし来月になると会社面接がある
就活を本格的に始めるから外見は気にしておきたい
坊主頭じゃだめだ
床屋へ散髪に行こう
まずは身だしなみから
ここらで心機一転しようと計画している

ぼくは今46
残りの14年間は延命装置を探すための冒険だ
死なないためにぼくは今仕事を探している
生きる希望を探し続けている
鶴見済が例のあの本の中で「自殺するなら早い方がいい」と書いていた
この考えは正しくない
1日だって長く生きた方がいいに決まっている
やがて気が変わるかもしれない
少しは幸せな人生になっているかもしれない
60歳までの自死は漠然とした計画に過ぎない
ぼくだって老後が楽しいとわかれば自死などせずにダラダラと余生を過ごすだろう



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ


14 件のコメント:

  1. ふわちょさん、こんばんは。
    カズです。

    僕は16年勤めた会社を鬱で辞めてから5年、正社員となって勤めては辞め、勤めては辞めを繰り返して現在に至ります。
    1番長く勤めた会社で3ヵ月です。
    その間、繋ぎでやったアルバイトも、ふわちょさんの様に継続できずに、単発のアルバイトしかしていません。
    僕はふわちょさんよりダメ人間です。
    おまけに一人暮らしをしていたので、収入がない
    時は、年金暮らしの両親に支援してもらっていました。

    そんな折、父が胃癌になり、胃全摘手術を受け、
    成功はしたものの、高額な医療費がかかり、今までの様に支援してもらうことが困難になり、実家に帰ることになりました。

    実家に帰り、新たなスタートをするべく、アルバイトをしながら、ハローワークに行って、今度こそ長く勤められる会社を見つけようと決意を新たにしています。
    情けないことに、父の病気を機に、このままではいけないと気づいたのです。

    当然、父の介護もしようと思っています。
    退院したものの、定期的に検査を受けており、いつ再発してもおかしくない状況です。
    高齢の両親が他界するまで、今までの支援に感謝し、一緒に生活し、今できる親孝行をしようと考えています。
    今できる親孝行とは、父の介護とそれをひとりでやってきた母の援助、そして両親が生きているうちに自立することです。

    ご両親を養っている、ふわちょさんの頑張りを、
    実家に帰ったら見習おうと思います。

    お互いに正社員目指して頑張りましょう。

    長文になり、失礼致しました。

    返信削除
    返信
    1. カズさんは自分に似てますね
      励みになります

      削除
  2. 安楽死が法律で認められるといいですね

    返信削除
    返信
    1. うん
      殺人になってしまいますからね日本だと

      削除
  3. お疲れ様です。
    冒頭に旅行のことがかかれてますね。
    お好きなんですか?
    きっと好きなんでしょうね。
    結構、風景画像を掲載されてるし、畑の案山子とか。
    私は、ふわちょさんに幸せになってもらいたいです。

    親の為に仕事も介護も頑張っておられる。なかなか出来ないことですよ。
    人の為に頑張っている人は、やっぱり素敵です。
    そのうちに新しい目的にめぐり合って、60といわず、
    貪欲に生きたいって思うかも知れません。

    返信削除
    返信
    1. masakiさん
      いつもコメントありがとう
      画像のほとんどは仕事帰りに撮影したものです
      山間の田舎なんですよぼくの住んでいるところは

      masakiさんは長生きしたいですか?
      ぼくは60まで生きれば十分かなと思っているのですが・・

      削除
  4. 生きたいと願う病気の子供たち。
    健康なのに死にたいと思ってしまう40代フリーター。

    返信削除
    返信
    1. 自殺願望は無いよ
      マトモに生きたいとぼくはいつも願っている
      このブログで何度も書いていることなんだけどな
      通りすがりで書き込みしないでくれ

      削除
  5. 僕も両親の面倒を将来的に見ないといけないので、わかる気がするな。
    でも、両親がいなくなったら天涯孤独になるんだよね。

    返信削除
    返信
    1. 深遠さん
      はじめましてかな?
      両親が死ぬと会話する人がいなくなってしまいます(笑)
      やっぱ孤独に耐えていけるかどうか自信がないですね

      削除
  6. 度々匿名でコメントさせてもらっております。

    >1日だって長く生きた方がいいに決まっている
    >やがて気が変わるかもしれない
    >少しは幸せな人生になっているかもしれない
    >60歳までの自死は漠然とした計画に過ぎない

    日々葛藤し、揺れ動く心をありのまま赤裸々に書きなぐるふわちょさんのコメは、ついつい読まずにはいられなくなります。
    ふわちょさんがブログの師匠と称した(はげのこさん)のように、私もふわちょさんの書き込みに惹かれております。

    臆病な私は、ネットですらありのままをさらけ出す勇気もないヘタレのオッサンです。
    ふわちょさんが、心穏やかに過ごせることを祈っております。

    返信削除
    返信
    1. こういうブログを書いていると
      辛辣なコメントや荒らしも多いですから
      ネットでは無難なことを書いていたほうが気楽かもしれませんね
      匿名さんは臆病ではないですよ

      削除
  7. はじめまして。
    ふわちょさんのブログを読んでいて、
    自分と年齢も性格もすごく似ているなーと思いました。
    でもふわちょさんは心の持ち方で損をしている
    部分があると思いました。
    たとえばアルバイトの仕事をしているときに
    たとえきつい状況だったとしてもネガティブな
    思いにはとらわれないでこう思うのです。
    「この仕事はきついけれど自分の今作っている料理を
    食べてくれる人が元気になって幸せにりますように...」
    ポイントは無理やりにでも思い込むことです。
    心の持ち方を変えるだけで仕事が楽しくなって
    気持ちも明るくなって職場の環境(人間関係)なども
    楽しいものに変わっていくと思います。

    返信削除
    返信
    1. うん
      御客様の事を考えて仕事するとやりがいも出てくるかもしれませんね
      会社は利益ばかり気にしていますが(笑)

      最近はアルバイトも慣れてきて達成感を感じる日もあるんですよ
      今日は頑張ったな自分みたいな
      充実した日があるというのは結構楽しいもんです

      削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。