2013年8月26日月曜日

社会復帰

社会復帰とは何か
文字通り社会に復帰する事が社会復帰なのだろうが
それでは抽象的だと思う
働くことが社会復帰だと言う人がいる
しかし親や配偶者の財産を頼りにできる人
または株などの蓄財ができた人は働く必要が無い
だから労働イコール社会復帰ではない
ぼくの考えは
自分の人生にある程度満足して
自給自足ができるようになることが社会復帰だと思っている
お金に余裕がある人には社会復帰という言葉は無縁だ
専業主婦や年金受給者の世界には社会復帰と言う言葉は無い
それと同じように
例え若い男性であろうと働かなくても暮らしていける人に社会復帰は関係ない
貧乏は罪悪だ
社会復帰とは
お金に余裕が無い貧乏人にだけ与えられた罰なのかもしれない
そして社会復帰をするにも格差があることを最近実感している

ぼくの社会復帰はまだ先にある
不安定な生活を続けている
自分の人生に何ひとつ自信が持てないし
いつも経済的な悩みを抱えている
このままではいけないという不安に苛まれながらも
新しい仕事を探すことができず
中年フリーターからなかなか抜け出せないでいる
正社員として勤務して
経済的な余裕ができて初めて社会復帰を実感できるのかもしれない
いつになることだろう?
健やかに笑える日が来ることを望んでいる
せっかく生まれてきたのだから

病床にあった母が元気になった
ようやく炊事と洗濯ができるようになった
しかし血圧を下げるための薬が手放せなくなってしまった
ぼくがマトモな人間になるまで
今はまだ生きていて欲しい
生きていてくれればそれでいい



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ


2 件のコメント:

  1. カズです。

    「ぼくがマトモな人間になるまで今はまだ生きていて欲しい。生きていてくれればそれでいい」

    僕も本当にふわちょさんと同じ気持ちです。
    いや、ちゃんと仕事をして、ご両親を養っている
    ふわちょさんより、僕の方がマトモな人間じゃないと痛切に感じます。
    自分が本当の親孝行をすることができる日がくるのか、それまで両親が生きていてくれるのか、
    気持ちばかりが焦ってしまいます。

    お互いに間に合うといいですね。

    返信削除
  2. カズさんが生きていてくれればそれでいいと
    御両親さんは思っているかもしれませんよ

    諦めずに焦る気持ちはお互いいつまでも持っていたいですね

    返信削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。