2013年7月25日木曜日

こころのドア

住まいを銀行に奪われた人は鍵を持って夜逃げする
玄関ドアの鍵をかけて夜逃げする
まだ自分の家だ
誰にも渡すものか!
自己破産をしてもまだ望みを捨てられず
いつかはこのマイホームに戻ってこられると信じているのだろう
絶望が大きすぎて現実を受け止められない人々

ひとりの仕事だと気が楽でいい
東京の板橋区まで行ってきた
昨日今日と自営の仕事をしていた
ハウスクリーニング 庭の草むしり カーテンレールの取付けなど
そして玄関ドアの錠を取り替える仕事もあった
自己破産した元住まいの持ち主が家に侵入しないように錠を替える
鍵を持ったまま夜逃げしたのだからしょうがない

しかし玄関ドアのシリンダー錠は簡単には買えない
昔の玄関ドアだと特に難しい


まずホームセンターには売っていない
鍵専門店に買いに行っても売っていないこともある
そして仕入れに幾日も待たされて顧客に迷惑をかけてしまうことがある
精密な物だからね
錠のメーカーも品番もわからないこともあるし
ちょっとネジ穴がずれていたり
ほんの少しサイズが違うだけでアウト
返品しなくちゃならない
難しい仕事だよ

ぼくはいつも馴染みの鍵専門店で購入している
誰も知らないような小さい店
埼玉県の上尾市にある店なんだけれど
この店はなんでも売っているからスゴイ
商売っ気は無いけれど資産はあるから在庫を溜めこんでいるらしい
ぼくはいつも店の老夫婦に助けられている
古い錠を取り外して持って行って
「これと同じシリンダー錠をください」と言えばオッケー
その日のうちに玄関錠の取り替えを終えることができた


欲しい製品がどこに行けば売っているのか
どれだけ短期に安く仕入れることができるか
仕事のプロでなければわからない
ネットで調べてもわからないことは多い
ネットで店を見つけても値段が高いこともある
高値で仕入れては商売にならない
ぼくは30代の時に経験を重ねて詳しくなった
これも一応ぼくのスキルだと思っている
しかしこのスキルは誰にも評価されないから寂しい

なんかね
30代の時に満ち満ちていた仕事への熱意が無くなってしまった
今はただ臆病になってしまって働くことが怖くてしかたがない
だからアルバイトでコンビニ弁当の煮物を作っている
磨いたスキルも宝の持ち腐れになっている気がしている
自分の能力を活かせる仕事をしたいとは思うけれど
昨年にいろいろなことがあったから
ブログに書いてきたけれど働くことが恐怖になってしまった
新しいことにチャレンジすることに不安を感じている
チャレンジしている自分の姿をイメージできないでいる
せめて夏が終わるまでには
恐怖に負けないで自分を変えたい




ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ


1 件のコメント:

  1. ふわちょさんこんばんは。
    自営の仕事が、これからどんどん増えると良いですね。

    返信削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。