2013年6月12日水曜日

汚れた血

ぼくの父は中卒だ
死んだ祖父から生前に聞いた話では
ぼくの父は相当デキが悪かったらしい
勉強ができなかっただけでなく内気で友達もいなかったという
家が貧しかったわけでもないのに中卒というのは理解できないことだ
いくら進学率が低かった時代とはいえ
普通に勉強していれば
そして高校に進学するクラスメート達を見ていれば
自分も高校に行こうと思うのが普通のことだと思う
父は普通じゃない子供だったのだろう

ぼくが子供の頃は
内気で無口な父とはあまり会話をしてこなかった
何を考えているのかわからない人だった
ぼくは父が三億円事件の犯人だと思っていた
ぼくが生まれてすぐに父は祖父から勘当されて家をとびだしている
親から勘当された父が生活に困って犯した事件だと子供の頃ずっと思っていた
ぼくが2歳の頃の事件
ぼくら一家は東京都府中市のアパートに住んでいた
若い頃の父はバイクを乗りまわしていたと聞く
それに白バイ警官のモンタージュが父の顔と酷似していた
父のことを疑って真実を探ろうとしたこともある
渡辺潤のマンガ「モンタージュ」みたいな話だ

祖父もぼくからしたら相当な異常者だった
会いに行けば金の話と戦争に行った話ばかりしていた
大陸で暴れて人を殺したらしい
(だからぼくも呪われているんじゃないのか??)
会話の内容が完全にキチガイだった
そして祖父は頑固で冷淡で本物のケチだった
異常な事だと思うのだけれど
ぼくはお年玉を貰ったことがなかった
ぼくは祖父母の愛情を知らない
母方の祖父母と父方の祖母はぼくが生まれる前に亡くなっている
祖父母に愛されない孫というのは不幸だと思う

父と話すようになったのは
ぼくか30歳を過ぎてからだ
ずっと理解できなかった父のことを理解できるようになった
父は何を考えているかわからない人ではなく何も考えていない人だった
無計画な生き方をしている人に三億円事件など起こせる筈もない
三億円事件どころか万引きもできないほど臆病な人だとわかった
学歴に囚われていた若い頃には無学な父を軽蔑したこともあったけれど
現在は老いた父が愛おしくてたまらない
唯一心を開いて会話できる男性になってくれた
どうか長生きしてほしい

父も祖父も普通の人格ではない
祖父の血は不潔で汚れていた
ぼくの異常な人格もルーツを辿っていけば祖父につき当たる
要するに遺伝だ
現在でもぼくは祖父に対して漠然とした憎しみを抱き続けている
漠然とした復讐心
ぼくは結婚はしない
この汚れた家系はぼくで終わらせる
そのほうがいい



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2 件のコメント:

  1. ふわちょさん、最近の遺伝研究では、親からの能力遺伝は、二割らしですよ。ほとんど生育かんきょうらしですよ。あんしんしてください。

    返信削除
    返信
    1. じゃあぼくはその2割の影響が大きいのかもしれません
      ぼくは酒が飲めないのですが
      父と祖父も酒が飲めないんです
      これも遺伝です
      母は酒好きなのにね
      なんか嫌なとこばかり似てしまったなと思っています

      それよりも
      くらさんお久しぶりですね!
      またコメントをいただけてとても嬉しかったです

      削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。