2013年6月10日月曜日

悩み

先日に下半身の悩みについてブログに書いたら
いろいろとお叱りを受けてしまった
ぼくも書きすぎたと思ったので削除した
仕事を始めてから
少しメンタルがおかしくなっているようだ
だからあのような下劣なことを書いてしまったのかもしれない
ぼくにとって新しい人との出会いは苦悩にしかならない
毎日が苦悩の積み重ねだ
孤独が好きだ
ひとりになりたい
気が違ってきているのは早朝に起床するたびに感じている
このままではいつか限界が来ると思う

職場での人間関係の悩み
それは20代の頃からずっと抱え込んでいる悩みでもある
ぼくは他人から話しかけられない
いつも話しかけるのはぼくからだ
こちらから相手に話しかけなければ会話は発生しない
ぼくが人から話しかけられないのは何か独特のオーラを持っているからだと思う
簡単に言えば
ぼくは陰気で根暗でバカに見えるのだろう
誰もぼくにお近づきになりたくないと思っている
こいつに話しかける価値は無いと思われているのだろう
無口でおとなしいのに友達が多い人がいる
そして異性にモテるひとがいる
外見の良し悪しと言ってしまえばそれまでだけれど本当に不思議なことだ
今更嫉妬はしないけれど
人間は不平等に作られているのだなと思ってしまう

人から話しかけられないのならこちらから話しかけなければならない
しかし会話は続かない
コミュ障で会話が苦手なぼくには無理だ
しかも職場は女性が多いし
何を話していいのかわからない
職場は密閉された空間
会話が無ければぼくは息が詰まりそうになる
ぼくの傍にいる人も息が詰まるだろう
申し訳ない気持ちで自分が嫌になる
毎日毎日こんなことで苦しんでいる
もう46歳なのだから
こんなくだらないことで悩むなよとも思う
しかし悩まずにはいられない
それが辛くてひきこもろうとする
20代の頃からまったく進歩が無い

ぼくは永遠にくだらない



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。