2013年5月20日月曜日

フリーター


「まじめに働いていればきっといい事あるわよ」
今日パートのおばさんに言われた
仕事が大好きだと言う
子供を育てるために無我夢中に働いてきたと言う
我が子の事を嬉しそうに話すおばさんを見ていると
何というか癒されます
素朴な人とは彼女のことを言うのだろう
ぼくみたいなものが言える事じゃないけれど
いつまでも健康で幸せな老後を迎えてほしい

多くの人にとって仕事は精神安定剤の役目を果たす
給料の安い高いはともかく
とりあえず働いていれば心安らかに暮らしていけるらしい
ぼくもまた仕事は薬みたいなものだと思っている
職があるという安心感は本当にすばらしいものだと思っている
ただぼくの場合は人と違ってその薬がなかなか効かない
そして副作用が大きすぎてすぐに劇薬になってしまう
副作用の症状は鬱病であったり
ひきこもり 対人恐怖症 人と話せなくなる病であったりする
(そんな病気ないか)
副作用に苦しみ
副作用を抑えようとするなら副作用が少ない薬を飲めばいい
それがぼくの場合は短時間のアルバイトだった
そうか
今のぼくはフリーターなんだ・・・
不本意ではあるけれどしょうがない

今のままでは暮らしていけない
もうひとつアルバイトを探さなきゃと意気込んではいるものの
なかなかどうして
週に3日程度で短時間のアルバイトはそんなにあるものじゃない

ネットでいろいろと調べてみたけれども
工業団地に囲まれたぼくの田舎は
非正規社員の仕事なら掃いて捨てるほどあるのにアルバイトとなると
ゴルフ場のクラブハウスの調理係
養鶏場で卵の集荷
工業団地に送迎するバスの運転手
介護施設のヘルパー兼運転手
それか学生に混ざって居酒屋やファーストフード店で働くしかない
どれも自分が働いている姿を想像できない
未経験で資格も持っていないからあたりまえか
明日はハローワークに行ってバイトを探してみよう

本当にぼくはもう少しまじめに働かなくちゃならない
まともな生き方をしなくちゃならない



ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ