2013年3月7日木曜日

職人気質


子供の頃オフコースをよく聴いていた
オフコースがぼくの青春だったのかもしれない
未だに捨てられないレコードの数々から
かなり嵌()まっていたのだなと気づかされる
実は今でもCDで聴くことがある
「別れの情景」「秋の気配」「YesNo」「思いのままに」「時に愛は」「青春」
「冬が来る前に」「幻想」「倖せなんて」「言葉にできない」「愛の唄」「さよなら」
メロディーもコーラスも洗練されているから今聴いても古びた印象を受けない
オフコースのリーダーだった小田和正をぼくはいつも敬愛している


小田和正に対する批判的な意見は昔からあった
・美しい歌声に比べて小田和正本人の性格が違いすぎている
乱暴で粗野な喋り方を聞いてがっかりしたという女性ファンは多かった
・歌詞がワンパターンで代名詞を多用している
ここ そこ あの このまま ここから あのとき こんなこと・・・ 
同じような歌詞を多用しているから聴いていてウンザリしてしまう
やさしくしないで あきらめないで 何も聞かないで 歌わないで
「××しないで」という歌詞もとても多い
こうした意見はだいたい合っている
小田和正は頑固で職人気質(しょくにんかたぎ)な人なのだろう
自分の仕事を他人には任せない
常に信念みたいなものを持っていて自分を曲げようとしない
頑固職人の口調だから話し相手に誤解を与えやすいのかもしれない
信念を曲げようとしないから歌詞が似てしまうのは仕方がない事だと思う

小田和正は40年以上
今でも歌い続けている
今でも自分を含めて多くのファンに愛されている
音楽一筋で政治にも外交問題にも原発問題にも無関心な人だ
分別のある人だから無関心を装っているだけなのかもしれない
継続は力なりとはよく言ったもので
長く歌い続けることで
小田さんはいつまでも聴き手を裏切らないと
ファンから信用されるようになった
長い月日を経て「最後まで信用できる人」になった
どんな仕事でも同じことなのかもしれない
仕事というものは長く続けることで周囲から信用されるようになる
長く続けることで仕事のうま味を味わえるようになるのかもしれない

小田和正の話はここまで
ここからはぼくのことを書きます
先週にちょっとした仕事が入りました
ぼくには副仕事があります
それについては「ぼくの副収入」に書いたとおりです
近所の農家さんの家に行って火災報知器を取り付けてきました
それとトイレに新しい照明器具とL型の手摺も付けました


すべて在庫品なので仕入れ代がかからないのが大きかったです
昨日と今日で2日間の御仕事
気持ちいい汗をかかせてもらいました
久しぶりに家族以外の人と会話ができて充実しました
これも10年間自営業をしてきたことからできた信用なのかもしれない
10年は決して長い期間ではないけれど
少なからず他人から信用されるようになっていたのかなと思います

ハローワークには明日行ってきます
面接を受ける予定の会社は3社に絞り込んであります
手先が器用なので次の仕事に活かしたい
しかし事務的な仕事がしてみたいとも思う
できることならぼくも頑固な職人気質の男になって生きていきたい
小田さんのように



いつのまにか梅が咲きはじめましたね


ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ




8 件のコメント:

  1. 不破さん、おはようございます。

    「ぼくの副収入」の記事読ませて頂きました。不破さんは電気工事士の資格をお持ちなのですね。手に職があるのは、心強いと思います。
    先日、自宅の部屋のスイッチが壊れてしまったので自分で取り替えようと思ったのですが、ネットでよくよく調べてみると電気工事士の資格が無い人は漏電や感電の恐れがあるので作業してはいけないという事を始めて知りました。ホームセンターでスイッチ等はよく見かけるので、自分ですぐ直せると思っていたのです。

    ハローワークで見つけた求人、うまく採用されると良いですね。吉報をお待ちしております。

    返信削除
    返信
    1. 陸奥さん
      こんばんは

      来週に会社面接が決まりました
      新しい一歩をようやく踏み出せますので
      ホッとしていました
      しかし家に戻ってからだんだん緊張してきました
      今は落ち着かないで眠れずにいます

      それから電気工事士の資格が無くても
      勝手に作業している人はたくさんいますね(笑)
      分電盤のブレーカーを落としちゃえば感電することはありませんからね
      ぼくの父なんかホームセンターで3つ口コンセントたくさん買ってきて
      暇つぶしに取り替えたりしてます

      来週に良いご報告ができるようにがんばります

      削除
  2. こんばんは。私もオフコースのきれいなメロディと歌声が好きでしたよ。特別なファンというわけでもないですが。
    不破さんのプロフィールにあった映画で、「八甲田山」と「ブラザーサンシスタームーン」も印象に残る映画でした。
    「ブラザー」の方は、あまり知っている人も少ないと思うのですが、聖フランチェスコ僧の清らかさに感動しました。
    あと外国のミステリ小説も好きなので、ちょっとだけ趣味が合いますね。同世代だからですね。

    返信削除
    返信
    1. 海月さん
      コメントありがとうございます

      ブラザーサンシスタームーンを御存知の方がいてくれて
      とても嬉しいです
      聖フランチェスコの青春時代を描いた映画
      宗教映画ではなく青春映画だと自分は思っています
      音楽と映像も美しくて
      ビデオで1000回以上は見ていると思います
      ロミオとジュリエットの監督の作品なので
      もっと知られてもいい映画だと思うのですが
      無名なのが残念です

      海月さんは海外ミステリは何がお好きですか?
      最近のぼくは古本屋で大量購入しました
      エド・マクベインの87分署シリーズに嵌まっています
      シリーズ物は登場人物を新たに憶える事が少なくて済むから
      楽で助かります(笑)


      削除
  3. 1000回以上、見てるっていうのはすごいですね。
    海外ミステリは、20代の頃は、アガサ・クリスティが好きでたくさん読みました。
    中学生の頃から大人になって読んだもので、ミステリの名作といわれるような「死と接吻」「幻の女」「長いお別れ」「グリーン家殺人事件」「死の蔵書」などおもしろかったです。

    返信削除
    返信
    1. 海月さん
      こんばんは

      ぼくもアガサ・クリスティが好きで若い頃愛読しました
      どれもシンプルだけれど奥が深いんですね
      あまり頭を使わずに読めるけれど
      気がつくとうまく誤誘導されてしまう
      だまされる快感みたいなところがあって凄く好きです

      削除
  4. はじめまして、「40代主婦、再起」からここにたどり着きました。笑
    どんな状況であっても、色々心細くなったりしますねー。

    さて、小田和正さんですが、何かの番組でおばさんたちのこと「ばばーがうるせえよ」とか言ってて、びっくりしました。そうか、言行の良くない人なのか。

    あんなにメジャーなのに、悔い改める事なし、って態度、素晴らしいですね♪

    私は、16年間の育児にめどがつき、去年パートになりました。
    明らかに時差ぼけです。表だけえらそーな社風とか、パート同士とか、女どうしも結構めんどくさい、らしい。

    私はどうもそういう輪にはいらない方、みたいで、だいたい平穏ですが、(たぶんKY) 人って、絶対に刃向わなさそうな人に、横柄にするような気がする。

    もともと人類には、いじめ根性があるのではないか??と思うのです。
    そういう指向をもつ、種族の末裔であるから、繁栄に至ったのではないか、とよく思います。

    という私は、すごく緊張しいで、弱弱しいタイプです、ただ、周りからはそうは見えないらしい。どちらかというと横柄。に見えるらしい。不思議なものです。主観とは。

    今は後輩??が出来ましたが、皆さん良い人で、すべて親切に接してます。どんどん私の仕事を教えて。良い人と思われていると思いますよ。


    自分が良い人と思われようと、思われなかろうと、お金になればどっちでもいい事ですが、親切にして、そんなところで他人がうれしく思ってくれること自体が、うれしい。

    そして本来の自分ですが、なんだか途上ですね。自分はどこに行きたいのか。

    資格も取ろうと思ったけど、とってどうするんだろう。。。。みたいな。

    ただ、どんな人も多かれ少なかれ、非常にナイーブですね。
    日本人って、謙虚。って思います。その裏が、意地悪な感じかな。笑


    外国人の知り合いも少しいましたが、枠からして、明るい。。。。。ありえないくらい。

    情緒に酔うってこと、知らないんじゃないか?って思います。

    ああいう気分で生きるのもいいかもしれない、いや。絶対いい。

    すべては、気持ちの問題ですよね。フハ?さんとは、全く逆の初対面OKタイプですが、絶えずメールでつながっていたり、、そういうお友達は、なぜかいない独りぼっちタイプです。でも、さびしくないんだ、これが。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん
      コメントありがとうございました

      御仕事がんばっているのですね
      匿名さんは容姿に恵まれて頼りがいのある人に見られるのでしょうね
      横柄に見えて話してみると実は謙虚で優しい人というのは皆から好かれるタイプだと
      思います
      うらやましいですね

      子供の頃は日本人で良かったと素直に思っていました
      しかし最近仕事で躓くようになってから
      日本人でないほうが良かったかもしれないなと思うことがあります
      アメリカでは対人恐怖症が無いそうです
      どのようなパーソナル障害の人でも受け入れてくれる社会だと聞きました
      西欧では仕事よりも趣味や娯楽を大切にしてますね
      仕事が好きではない自分にはすばらしい社会だと思います

      それから不破と書いてふわと呼びます
      ブログネームなので間違われてもいいです
      難しくてごめんなさい(笑)

      また見に来てください

      削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。