2013年3月30日土曜日

仕事がほしい


長い面接時間だった
面接官は50代の人事部の人だった
ちょっと神経質そうな人でぼくの苦手なタイプ
会社の「悪いところだけ」をいろいろと教えていただいた
ぼくの方から質問したわけじゃない
説明していただいたことは
入社後にどれだけ苦労するか
仕事の厳しさ
変な社員の多さ()
離職率の高さでした
転勤が多い事と休日出勤が多い事も面接中に初めて知りました
まるで「うちの会社はたいへんだから入らない方がいいぞ」と
諭されている気分になった
これは踏み絵なのだろう
会社側の説明義務もあるが
それよりもぼくがどのような反応をするのか見ていたのだと思う
ここで萎えて挫かれた人は辞退してくれということだと思う
もしかしたらぼくが辞退するのを期待して
不安を煽るような会話の流れになったのかもしれない
本店支店を含めて2000人規模の会社
面接に訪れた支店では社員達がせわしなく出入りしていた
静かで動きが無い職場よりはずっといい
ぼくが好きな社風だった
入れるものなら入りたいという希望が湧いてきました
辞退してたまるか
1次面接の合否は来週にわかる
現在のぼくは面接の結果待ちの状態で身動きがとれない
来週にはもう4月になってしまうのに
定職に就かずサラリーが無いという状況が続いている



しかし自営業の仕事が少しだけ入るようになった
もう15年も前に書斎に大きな本棚を作ってあげた人から
台所に電気ポットや電子レンジを置く棚を作って壁に取り付けて欲しい
という依頼がありました
(ぼくは手作り家具屋じゃないのに())
あまり稼ぎにはならないけれど自宅にひきこもっているよりはずっといいかな
ホームセンターで板材を購入して切断して組み立ててみました
体が覚えているからここまでは簡単
これを壁に取り付けるのがたいへん・・・
重いし
しかも他人の家だし

材料費に9,000円かかっている
取り付けが終わったらぼくの工賃を含めて25,000円の請求をします(高いかな?)
仕事が切れずにこのくらいの仕事が月に1015件あれば
ぼくは普通に食べていける
自営で生きていけるだけの仕事が欲しい
もう誇りある仕事も偉大な業績もいらない
どんなに汚れる仕事でもいいから食いつないでいければそれでいい
ぼくは今そんな気がしています


ランキングに参加しています ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ