2013年2月8日金曜日

もう辞めます



期間工の契約期間は6ヶ月
このままだと4月いっぱいで契約期間は切れて
ぼくはまた無職に戻ります

今の仕事を長く続けていける自信は無かったのですが
今週に夜勤を経験してみてこれは長いことは無いなとわかりました
心身ともに疲れ果てました
工場の夜勤
周囲を見渡せば外国人労働者と若者ばかり
体力も疲労回復力も性格の明るさも会話する能力も
ぼくは彼らに敵いません
ここはぼくの居場所ではないなと
今週のぼくは毎日思い知らされました

ぼくはこのまま契約更新をしないで工場を辞めようと思っています
労働契約は3ヶ月で終わる
このままここから消えていこう

勤め始めたばかりの頃は
この工場に骨を埋めよう
もう働くことから逃げるのはやめようと
ぼくは固く誓っていました
しかし今のぼくはこの工場を辞めたくて我慢できない
ぼくはまるで変節漢だな
本当に情けない



例えば
過去から逃げる事と過去を捨てる事
言葉のカッコウよさは違っても結果は同じだったりします
少しだけカッコウよく言わせてもらえるのなら
ぼくは仕事から逃げるのではない
ぼくは自分を守るために仕事から離れるのだ
と言わせてほしい
仕事から逃げるor仕事から離れる
言葉から受ける印象は違っても会社を辞めるという行為に変わりは無い
結果は同じだ
結果が同じならば
ぼくは自分の弱いメンタルを守るために仕事から離れるのだ
という言い方をしてもいいかな?
ぼくの精一杯の虚栄と言いわけです

先のことなんてわからないけれど
今は仕事から離れて暖かい春を笑顔で迎えたい(祈)

ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
人気ブログランキングへ




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。