2013年1月20日日曜日

衝動

南関東の冬は
晴れて暖かくなると風が強くなる
日曜日
車を強風に揺られながら山間部をドライブした
何も楽しいこと無かったけれどもね
ただの現実逃避でした



20代のころ
会社をさぼって山陰地方までドライブしたことを思い出します
蒸し暑い夏の朝
家を出てそのまま会社に行かず
無我夢中で空っぽの心で
東名を西にひたすら走り続けた
衝動的な無断欠勤
あれも現実逃避でした

東京から鳥取まで
ぼくのカローラは一昼夜ひたすら走り続けた
東名から名阪に入り
天の橋立を臨み
敦賀でハイウェイを降りる頃には真夜中になっていた
そこから国道178号線を西へ走る
星空の下の丹後半島は怖いほど絶景だった
夜が明けるころにはぼくは鳥取県の山の中にいた
近くで猟銃を撃つ音が聞こえたことは忘れられません

93年の米不足の冷夏から一転
94年の夏は水不足が深刻な猛暑でした
鳥取砂丘や妖怪通りで知られる境港にも行ったが
あまりに暑かったので
ぼくは車から外に出ずにそのまま東京へ戻った
初秋
会社に無断欠勤を詫びて職場復帰はしたものの
パワハラや濃い人間関係に耐えられず
ぼくは冬になる前に会社を退職した

ぼくみたいに会社に行くのが嫌で嫌で
家を出てそのまま連絡もせずに小旅行をしてしまう
現実逃避のために衝動的な行動をする人は意外に多いのかもしれません
人身事故で電車を止めるという最悪な選択をする人もいる

「おまえはよく衝動的に行動をする」
高校時代に数少ない友人からそう言われたことがあります
今でも忘れられない一言
ぼくの性格をよく表している言葉でした
ぼくは
衝動的に会社を辞めたり
何も考えずに無断欠勤をしたり
昔も今も衝動的な行動をくりかえしている
自分の心が理解できない
自分で自分を信用できなくなっているのは悲しいことだと思う




ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ


5 件のコメント:

  1. 不破さんは頭が良いので僕にとって難しい仕事でもそつなくやってしまうと思いますが、製造業や工場の仕事は頭を使う仕事ですか? そもそも会社での人間関係が希薄だと仕事はうまくいかないですか?

    不破さんは何時から何時まで働いているのですか?

    ひきこもりを脱出して鬱になりながらも新聞配達員になって、製造の正社員になった管理人さんの話しませんかというサイトは興味ある内容になってるかと思うので、参考までにお知らせしました。

    返信削除
    返信
    1. 小説にでてきそうな美しくも胸が苦しくなるような体験をしましたね。。会社を辞める時親は反対しなかったのですか?
      NPOか何か団体が何かしら支援してくれるところがあれば心強いかもしれませんね。社会のセーフティネットや支援とかしてる団体に自分から門を叩かなければ、中に入って前に進むことができないですしね。

      削除
    2. 陰遁者さん
      こんばんは

      最初はどんな仕事でも頭を使いますよね
      ぼくも最初にかなり大きなミスをして
      白い眼で見られたりもしました
      適応力めちゃくちゃ低いですからね

      誰にも相談せずに
      衝動的に会社をやめてしまう
      ぼくの短所です
      いつも辞めてから親に報告してましたね
      親はあきらめているのではないかと思います

      削除
  2. (´゚ @ ゚)ノ ス、スバラシイ!!文才あるね、チミは。
    何気なく立ち寄ったブログでこれ程鬼気迫る文章に出会えるとは!
    これは魂の叫び、心のSOSなのだ。
    この文に秘められた心情は、解る人には解る。解らない人には解らない。
    だが、俺は支持する!
    生きにくい世の中で、人は生きていかなければならない。
    食べるため、養っていくため、我が身をすり潰す。
    そしてその先にあるものは・・・!?
    そう、その先に待っているのは〝死〟あるのみである。
    人間は結局、死ぬのである。
    あの世の世界には自分の貯金や大切な人、物までもは持っていけない。
    結局、最後は裸の自分になるだけである。
    人生とはその虚しい道のりの、単なる道中にすぎないのである。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん
      どうも
      こんばんは

      達観されていますね
      ぼくよりも年上なのかな
      趣味に生きろ
      人生を楽しまなければ勿体無い
      そういうことなのでしょうね

      文才は無いと思いますが
      なるべく読みやすいように
      誰にでも理解しやすいように書く事を心掛けているのですが・・・

      またコメントください
      ありがとうございます

      削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。