2013年1月13日日曜日

やっぱり逃げたい(笑)


ぎりぎりのところで踏ん張って仕事を続けています
仕事には慣れて
体はまったく辛くありません
しかし工場の人達が怖くて怖くてしかたありません
人間
人間が怖い
ぼくは人間がいる場所が本当にダメなんです

仕事に行きたくない
人に会いたくない
他人と関わりたくない
いつもひとりでいたい
緊張と興奮と冬の寒さで
毎朝ひどい吐き気に襲われます

毎朝ぼくは
このまま部屋にひきこもっていたいという強い感情を振り払って
部屋から飛び出して工場にむかいます
毎朝の苦痛
こんな気持ちが仕事勤めを続けている限り永遠に続くのだろう
何回転職しても同じだ
ぼくは
会社に行きたくないという心の葛藤と闘いながら
この先何年も働き続けなければいけないのだろう
生きている限り
働き続ける限り
無限に続くループ
まるで罰ゲームのようなぼくの人生
(これじゃ死んだ方が楽だな)
絶望的な気持ちになって希死念慮さえ生まれてきます
もう限界かもしれない

もういちど
自営業を始めてみようかな
いそがしい毎日の中で
そんな気持ちが時々頭をよぎる
熱い気持ちが湧いてくる時がある
この工場の仕事を辞めたら
自営業を再チャレンジしてみようかな
銀行はお金を貸してくれないけれど
ひとりなら何とかやっていけるさ
電気工事店
何でも屋
リペア業
ぼくの技能だとその程度の仕事になるかな
鬱積した日々の暮らしを打ち砕く新しい風を吹かせたいです




ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



14 件のコメント:

  1. ふはさん、わたしも、職場の人間の目が気になります

    そのせいで、仕事の活力が99パーセントそがれることも
    少なくないので、お気持ちお察しします

    ふはさんは自営業をされた経験があるので、
    そういう経験を早いうちにされた人は、
    まだ社会でも一握りだと思います

    きっと、そういう経験が、自営で生かされるのではないでしょうか

    どちにしろ、応援させてください

    ふはさんがなにか商売なさったら、必ず買いに行きますよ



    このあいだテレビで、ナス重を車で売って(ナスをうな重のようにして、鶏肉をしいたもの)行列ができるほど、はやらせたおじさんがいました
    その人を見ると、利益重視よりも、忙しく大変ですが、
    とても充実しているように見えます


    わたしも、今パートでお金をためて、将来は、自営(車で売るような形でもいい)でも、しようかなと思っています



    不安定ですけど、なんとかお金になれば、ひとりでやれて、
    これほど気楽なものはありませんね

    パートもいずれ、年齢制限がきますので、それを考えるとやはり、雇われは限界が来ると思います

    体は大丈夫なようで、よかったですね

    無理しないでくださいね

    本など、別世界に自分を置かれるのもいいと思います

    ふはさんは、ここまで職場の目を気にされるのは、

    やはり、誰かと普通に話ししたいという気持ちが強くあるせいかなと感じました

    職場の人間は、所詮職場です

    仲良くしても、職場のしがらみがついてきて、やはり、

    旧友のようにうまくいきませんね

    わたしも、職場もどったら、一人です

    話せる人も、基本一人でいる人が多いです

    なにかないと、話さないし、挨拶だけは、するように
    していますが、無視する人もいて、そういう人には
    しなかったりします

    返信削除
    返信
    1. チー釜さん
      いつもコメントありがとうございます

      会話の難しさ
      コミュニケーションをとることの難しさを日々実感しております
      普通の人なら誰でもできるような交流がぼくはできません
      チー釜さんのおっしゃるとおり
      ぼくは誰かと普通に話したいという気持ちが強くあります

      ひとりぼっちが好きと言いながらも
      誰よりも人の優しさに飢えている男なのかもしれません

      難しい人間関係が嫌だからパート社員という身分でいるのですが
      本当は職場の皆から信頼されたい
      職場でうちとけて会話できる友が欲しいのかもしれません

      ぼくは幼い
      子供じみた男なのです

      自営業は自己責任ですね
      泣くのも笑うのも自分次第ですから
      無我夢中で働くことになります
      銀行はもうあてにはできませんが
      手元にある道具や自分の土地を活かして
      事業を始めようと考えています

      今はまだ
      工場勤務がいそがしくて気がまわりませんが
      いつの日か
      そう思っています

      削除
  2. ちょっと、書きすぎかたかもしれません><

    すみませんでした><

    ついつい書きすぎる・・・これもちょっとしたメンタルでしょうか

    返信削除
  3. 仕事は難しいですか? 仕事の難しさよりも人間とのコミュニケーションが辛いですか? 仕事は難しくないなら周りを気にせずに仕事ができるような気もするのですが、、その辺りはどうなんでしょうか

    返信削除
    返信
    1. 隠遁者さん
      こんばんは

      今ぼくは工場のラインで働いています
      仕事はメモ帳を見ないでも働けるようになりました
      仕事に慣れてくると周囲がよく見えるようになります
      そうすると対人関係が気になりだしますね

      ぼくはまだまだ環境に馴染めないでいます
      完全に浮いた存在になってしまいました
      自分よりも若い20代の社員たちと一緒に働いているのですが
      コミュニケーションは本当に難しいですね
      若い人と何を話していいのかわかりません

      最悪な事に彼らはぼくに話しかけてくれません
      こちらが話しかけないと会話してくれないのです
      話しかけるのが何よりも苦手なのに・・・
      ぼくみたいなおっさんとは何も話したくないだろうなと
      萎縮して余計に話せなくなったりしています

      ぼくは毎日
      給料をもらうための我慢だと思って耐えています
      ガマンの日が今後も続きますね


      削除
  4. 完全に逃げ癖がついてますね…

    全ての記事読みました、まず逃げ道を確保してからちょっとづつ前に進もう

    少しでも危険を感じたら引き返えそう

    文面からにじみ出てますよ

    仕事が嫌だ 対人関係で苦しい

    みんな一緒ですよ

    みんな苦労してるんです

    貴方だけじゃないですよ苦労してるのは

    そもそも、工場みたいに沢山人が居るところになぜわざわざ就職するのですか?

    自営もしくは配送とか人と絡まない仕事なんて幾らでもあるのでは?


    返信削除
    返信
    1. 匿名さん
      コメントありがとうございます
      あなたのコメントに勇気づけられました

      苦労しているのはぼくだけではない
      いえ
      体が健康で丈夫なぶん
      ぼくなんか全然甘いほうなのかもしれません

      実生活の中でも
      匿名さんが言う事と同じような
      いえ
      もっと冷淡で厳しい言葉を浴びせられてきました
      「おまえ何歳なんだよ」
      「それでも男か」
      両親や親戚だけではありません
      たくさんの人から同じような事を言われ続けてきました

      でもダメなんですね
      厳しい事を言われると余計に萎縮してしまうのです

      「君は人にほめられて伸びるタイプだね」
      と最近会社で言われました
      ぼくもそうかもしれないと思いました
      ぼくは人の優しさに飢えているのかもしれません
      まるで子供ですね

      ぼくなりに努力して仕事は続けていきたいと思っています
      会社から逃げても働くことからは逃げないつもりでいます
      匿名さん
      またコメントください
      ありがとう

      削除
  5. ふはさん、こんにちは。
    あれからどうしてるか心配してました。
    ますます、イヤダ!っていう気持ちがつのっているんですね(>_<)・・
     
    もつれた心の糸を心療内科の先生にほどいてもらいたかったけれども
    ^^^^^^^^^^^^^
    いい先生にあたらなかったんですね、きっと~・・。

    まじめで立派な方なのにねえ、もったいないです。・・
    人なんかどうせたいした人なんかいないんだから適当にあしらっておけばいいと
    言っても、仕方がないですものねえ。気になるものは。

    ・・でもこの先、電気工事店とかなんでも屋とかやるにしても人との触れ合いは
    付きものではないですか。、、それは大勢の人とではないから大丈夫と言う事ですか。


    返信削除
    返信
    1. 陽さん
      こんばんは
      お久しぶりです

      イヤダイヤダと愚痴を吐きながら
      何とか働き続けています

      実生活のぼくは
      ブログに書いているような事は誰にも言わずに
      黙々と働いております
      貯めたストレスや
      実生活で人には言えない心の闇を
      このブログで吐露したりしています

      ぼくのブログは
      ぼくの愚痴や泣き言の捨て場所でもありますので
      何と言いますか
      御容赦くださいね

      削除
  6. 通りすがり2013年1月13日 11:18

     いつも拝読させていただいています。
    この時期、寒くて出勤するだけでも辛いですよね。不破さんは、お辛い気持が「吐き気」という症状で顕著に出ていらっしゃるようで、お察しします。私は、出勤前は「泣きたく」なって動悸がし始めます。苦しさの中での、毎日の出勤です。
    でも…。
    年齢を考えましょう。50歳前ですよ?お金もなしに、自営業が立ちあがるのでしょうか?転職を繰り返す理由はいつも同じ。そして、そのことを不破さん自身がよく把握していらっしゃる。人生の手管はもう、そう残ってはいないはずです。自営業をされたいのであれば、自営業開始の資金を貯めるという目的で、踏ん張ってみてはいかがでしょうか。
    今こそ、踏ん張り時だと思うのですが…。

    返信削除
    返信
    1. 通りすがりさん
      コメントありがとうございました

      出勤時の苦しさには毎朝絶望的な気持ちにさせられます
      でも不思議です
      仕事の流れに乗ってしまうと
      仕事に夢中になって
      朝の苦しみは何処かに吹き飛んでしまいます
      少しずつ
      少しずつ起床に慣れていければいいのですが
      暖かい春になれば
      また気分も変わってくるのかなと思っています

      自営業について
      ぼくは一度失敗をして廃業しています
      ですから臆病になっています
      一方で
      次こそは失敗しないぞ・・・
      という自信もあります

      あなたのおっしゃるとおり
      先立つお金も必要になるでしょう
      実際
      自営業を始めるために会社を辞めたら
      生活費は入ってこなくなるわけですから
      たいへんなことになります

      今の仕事を続けながら
      自営業を始める準備をしていければと考えています
      そのためにも
      今の勤務にもっと慣れていかなければいけないと思います
      時間も体もメンタルも余裕が無さ過ぎますから

      削除
  7. 43歳再就職男2013年1月14日 7:50

    おはようございます。
    私はたまにコメントさせていただいています。
    不破さんのブログを読んでいると、文章の才能があるのではないでしょうか?
    何か心にひっかかるような、新鮮な文章で、いつも感心しています。
    私はそんなに本は読まないけど、なかなかこういった感じの言葉には出会いません。
    凄く素直というか、透明な、それでいて言葉もよくご存知だし、
    簡単なようで、こういう文章はなかなか書けません。
    詩的だし、そのまま歌になりそうな感じもします。言われた事ないですか?
    自分の才能というのは、自分ではわからないものです。
    将来、何かで成功されるような気がします。
    そういう私は43歳で、最近やっと再就職した男です。
    苦しみは痛いほどわかりますし、不破さんに勇気づけられてもいます。
    また来ます。

    返信削除
    返信
    1. 43歳再就職男さん
      同じ40代ですね
      コメントありがとうございます

      40代はたいへんです
      再就職までの御努力お察しいたします

      文章を褒めていただけて
      とてもうれしく感じています
      照れますね(笑)
      またコメントお願いします

      削除
  8. こんにちわ
    過去の記事を読ませていただきました

    私もひとがこわい
    ひとが集まる場所がこわい
    行きたくない
    ひとの目こわい

    生きていてつらいですね
    こういうの

    返信削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。