2012年10月25日木曜日

厳しいコメント


ぼくは明日の午前と午後で2社の面接をうけることになりました
部屋にひきこもった翌日に面接を受けるという事は
いきなり夜の荒れた海に放り込まれるようなものです
少しでも外出に慣れておかなければいけないと思って
ドライブをして紳士服洋品店で冬用の靴下を買いました

明日の午前に面接を受ける会社は
自宅から徒歩で5分以内の所にあります
雇用形態は製造工場での非正規社員
ぼくの家は3つの大きな工業団地に囲まれている
会社の数は合計して100社を越える
45歳のぼくは
あと20年は働かなければならない
今年のぼくは就職しては嫌になって
会社を辞めては面接をくりかえしている
こうなったらこの工業団地群のすべての会社の面接を受けて
すべての会社に勤めてやろうかとさえ思っている()
100社もあれば必ず自分に合った職場を見つけることができるはずだ
ぼくはまるで世間知らずの子供の様に人生をナメているところがあります
でもそれでもいい
ぼくは趣味に生きる男になりたい
仕事なんかは二の次だ
ぼくにとって仕事は生活費を得るための手段でしかない

「どうして自分がやりたい仕事を探さないのですか??
「仕事が続かないのは自分に甘いからだと思います」
ブログにはメールで厳しいコメントをいただく事もあります
事実そのとおり
コメントに言われたことはだいたい合っています

しかし対人恐怖症という誰にも理解してもらえない悩みを抱えながら
何度も何度も面接をして
会社勤めの失敗をくりかえして
自分に合った会社を探し続けるのは楽な事ではありません
ぼくはぼくなりに頑張っているつもりです
本当に自分に甘いのならば泥棒稼業でもしているでしょう(オイオイ・・)
誰もぼくに優しくしてくれないから
ぼくはぼくに甘えるしかないのかもしれない()
まったく子供じみた言い訳ですが

こんなぼくでも
若い時期には仕事の充実感や働く楽しさを感じたことはありました
しかしやりたい仕事などというものは今までに無かった
自分がやりたい仕事を見つけてその職に就けた人は幸せな人だと思います
しかしそんな幸せな人はこの日本にどのくらい居るだろうか?
雇用してくれる会社を探すだけでも大変なご時世だ
どうにか会社に勤めて環境に慣れて
それから働く喜びを得るという人が大半でしょう

大学時代もそして現在でも
ぼくの仕事に対する考え方はまったく変わっていない
ぼくはできることなら会社に勤めたくはない
誰も人がいない場所を見つけたい
人と会わずに静かに暮らすことがぼくの理想だったりします
これもまったく子供じみた考えなのですが・・


叔父が写真を郵送してきました(メールで送ればいいのに・・)
今夏にドライブをした時に叔父がぼくを撮影してくれた写真です
写真を撮られるのが嫌いなので思いっきり
しかめっ面をしています()
本当に嫌いなんです写真撮られるの


ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ

人気ブログランキングへ

8 件のコメント:

  1. 俺も仕事嫌です。
    やりがいも感じないし、あと何時間で帰れるとか
    考えながら仕事してます。

    会社の同僚とも関わりあいたくないし
    つまらない話にいちいち愛想笑いするのもつかれます。
    家に帰って一人でいるときが一番心安らぎます。

    仕事なんか金もらうためのもので
    仕事楽しいなんて思っている人
    ほとんどいませんよ

    返信削除
    返信
    1. らいたさん
      はじめまして

      コメントありがとうございます
      本当に職場での会話ってつまらないですよね
      あの休憩室での重い空気には苦しくて息が詰まりそうになります
      ぼくはトイレに隠れることもあります(笑)

      同じ思いの方がいてくれて嬉しかったです
      また来てください

      削除
  2. 仕事が続かないのは自分に甘いからだとは今は思ってません。
    対人恐怖やコミュニケーション障害は脱出のきっかけが掴みづ
    らい病気だと思ってます。僕の場合は小さい頃から対人関係に
    慣れようと必死に頑張って演じて苦しみ抜いて何とか学校を
    卒業したものの社会に出てギブアップしたという感じです。
    親には勉強ができれば一目置かれると言われてきましたが全く
    の嘘でした。今さらですが一番大事なのは性格です。人は変わ
    れるとか、変わる努力をしろと言う人間が時々いましたが僕には
    難しかったです。何か楽しみを見つけて細々と生きていけたら
    最高に幸せだと思います。

    返信削除
    返信
    1. うどんさん
      いつもコメントありがとうございます

      対人恐怖症は病気では無いので
      残念ですがこの苦悩は一生背負っていかなければなりません
      本当に残念です
      大人になれば人に慣れるとぼくは思っていたのですが
      昔も今も人が怖いです
      人は簡単には変われませんよね

      仕事はあきらめて
      趣味に生きることが一番いいのかもしれません

      削除
  3. 気にすることないですよ。
    ブログランキングに登録して上位に上がると、その手の嫌がらせはあいますから。

    自分の場合、失礼なコメントを無視していたら、
    とある女性ブロガーが引き合いに出して叩く記事を書いていたんで、誰の仕業かわかりましたけどw
    (ちなみに自分のブログの出現により、ランキングを落とした人でしたw)

    返信削除
    返信
    1. れんさん
      はじめまして
      ブログあるあるですね(笑)
      ランキングにこだわる人はINポイントだけが異常に多いので
      そういうブログは踏まないように刺激しないように注意してます(笑)
      いざとなったら
      別のカテゴリーに移動しますね
      ぼくは

      また遊びに来てください

      削除
  4. 人間関係を最低限に抑えるとなると、
    物流倉庫の仕分け関係なんか、会社の外の対外的な
    人間関係は無くなるでしょうし、
    場合によっては黙々と作業できて、社内の内部的な関わりも
    少なくなるのではないか…なんて思うんです。

    対人恐怖ではないのですが、人間関係が煩わしく、なるべく
    減らしたいと思っている私ですが…

    そのような求人はいかがでしょう?

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん御意見ありがとうございます

      一度派遣の仕事で
      倉庫内のピッキング作業に応募した経験があります
      見学をさせてもらったのですが
      若い人が多かったです
      いや
      若い人しかいませんでしたね

      ぼくは結局働かなかったのですが
      その時に
      フォークリフトの免許を取得しておけば良かった
      と痛切に思いましたね
      まだこれからの若い人は取得しておくと就職に有利だと思いました

      削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。