2012年10月28日日曜日

読書の秋ということで


読書の秋ということで
久しぶりにぼくが大好きなミステリ小説のことを
書こうと思います
興味のない人はゴメンナサイ
しかしメールやブログやツイッター
日本は1億総作家の時代
物書きの人は増えているのに
小説を読む人が増えていないのは実に残念なことだ

ぼくは無職の時は気持ちに余裕が無いので基本的に読書はしない
しかしアガサ・クリスティーだけは好んで読みます
メンタルが弱くなっている時は
明るくて気品のあるライトミステリーを読みたいものです


アガサは女流作家らしい
登場人物を見つめる目がとても優しいので
登場人物は探偵役のポアロをはじめ穏やかな好人物ばかりです
読んでいて不快な気分にはなったことがない
とても読みやすい作品が多いのです
アガサではありませんが同じく女流作家
シャーロット・アームストロングの「毒薬の小壜(こびん)」も素晴らしい作品です
心温まるミステリ
おじさんは必読です
ぼくの生涯で一番感動したミステリです

ちなみに
ぼくのお気に入りミステリ小説ベスト3
エド・マクベイン「白雪と赤バラ」
ロス・マクドナルド「さむけ」
綾辻行人「時計館の殺人」

これから読もうと思っているミステリは
コリン・デクスター「森を抜ける道」
ロス・マクドナルド「象牙色の嘲笑」
リチャード・ニーリィ「心引き裂かれて」
いずれも秀作として有名な作品ばかり
就職したら読み始めようと思い
ずっと枕元に置いてある
早く就職を決めて読みたいものです

ズッシリと心に重くのしかかる様な重厚なミステリ
そんなミステリ小説を読むことに
悩み多き今のぼくは耐えることができない
読書に熱中するためには
前提として心穏やかな暮らしがなければならない
そのためにも
ぼくは働き始めなければなりません


ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ



2 件のコメント:

  1. アガサというねこを飼っている友達がいて、謎がとけました。コゲパンは、今の私には、読みやすい本です。流行りの頃は、悲しくなり、直視できなかったのに不思議です。今は、リラックマの時代ですが、なぜか、リラックマが雲の上のように感じ、本はあまり好きになれず、リラックマグッズだけ愛用してます。大人にもうける絵本が、メンタルには、いいのかもしれないな、と思いました。

    返信削除
    返信
    1. チ~釜さん
      こんばんは
      めっきり寒くなりましたね

      たかはしみきが書いている「こげぱん」ですね
      こげぱんを読むと
      社会から疎外されている自分を見ているようで
      何か身につまされてしまいます
      ぼくは焦げたパンのほうがカリカリと香ばしくて好きなんですけれどね(笑)

      それから
      ねこにアガサという名前をつけたお友達
      いいネーミングセンスをしていると思います
      ミステリーファンなのではないでしょうか?
      ねことミステリーは親密な関係にありますからね
      日本では赤川次郎の「三毛猫ホームズ」とか
      ねこが登場するミステリ小説はとても多いんですよ

      では
      また来てください
      よろしくおねがいします

      削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。