2012年10月26日金曜日

会社面接に落ちました

最初から嫌な予感がしていた
面接時間が短い
先日はぼくに明るく接していただいた人事の方が
今日はガラっと人が変わったように素っ気ない
感受性の強いぼくは(これは何かあったな・・)と気づきました
黄昏の車内で受けた電話は不採用を知らせる連絡だった
頭が混乱する
工業団地内の公園に車を止めてしばらく呆然としていた
やはり正社員への壁は厚かったです
前の会社を辞めてまで挑んだ会社面接
ぼくのこの2週間は何だったのだろう
面接日時にふりまわされて
期待させて裏切られて
今日の午前中に面接をして午後に不採用の連絡
あまりにも唐突な電話に
「何故、ぼくは落ちたのですか?」という言葉は出ませんでした
45歳という年齢のせいだろうか?
「あなたはおとなしい人ですね」
一次面接の時に言われた言葉は褒め言葉では無かった
きっとぼくの心の弱さを察知したのだろう

日没
ぼくは第一志望の会社に落ちてしまった
母はぼくが正社員になることを楽しみにしていた
・・家に帰りたくなかった

これでしばらくは働かないで済む・・
そんな気持ちが実は心の何処かにあります
内心ホッとしている
もうひとりの自分がいます
採用になれば当然なことだけれど働かなければならない
もう3週間もまともに働いていない身の上だ
心は緩みに緩んでいる
働くとなれば緩んだヒモをピンっと張らなければならない
今のぼくの緩んだ心に喝を入れるには
相当の忍耐とメンタルクリニックの処方薬が必要になるだろう
だから不意に得た空白のスケジュールについては
あまり悔しいとは思わないし現状に絶望もしていない
何よりも
ぼくは母への報告だけが辛かった

しかし不採用だった場合の「保険」のつもりで
今日の午後に
近所にある会社の面接を受けたのは正解でした
面接の手ごたえはありました
非正規社員だが今のぼくに贅沢は言えない
合否の知らせがあるのは来週中です
明日は土曜日
ぼくの今週の戦いは終わった

ぼくの計算だと
ぼくがこのまま無職を続ければ12月末に生活費が底をつく
ぼくら家族の生活はいよいよ
追いつめられ始めています
帰宅して夕飯を一緒に食べても
母にはまだ「悪い知らせ」を話していません
泣きたくなるほど自由で何もない週末がぼくを待っている





落語好きな妹が家族宛てに送ってきたお土産です
妹よ
たまには実家に帰ってこいよ
それにしても今時サクマ式ドロップとは()
火垂るの墓を思い出しますなぁ(しんみり)


作っては消したり
試行錯誤をくりかえしましたが
リンクバナーはしばらくこれでいきます↓
今後もポチッとよろしくお願いします



ランキングに参加しています
ご厚意でクリックお願いいたします

にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ

人気ブログランキングへ





11 件のコメント:

  1. 今は、パートで生きるほうがずっと楽に生きれる

    何より自由

    お金も贅沢できないけど、ほどほどに稼げる

    パート人生最高だって思います

    12月に底をつくくらいの貯金があるのは、わたしにとってすばらしいことです

    当方、今の稼ぎで、今の生活費をなんとかしています

    あきらめずに、いきましょう^^

    あと、前のブログでも思いましたが、おとなしい人ですね…なんて、ナンセンスな言葉を吐く人もいらっしゃるんですね

    仕事ができるかどうかみる面接官として、それはないだろうと思いました

    おとなしくても、仕事ができる人は、世の中にいっぱいいると思います

    返信削除
    返信
    1. ちー釜さん
      いつもコメントありがとうございます
      お互いあきらめずに頑張りましょう

      面接官の方の話では
      ぼくの上司になる予定だった係長と課長が
      野球部の出身で
      いわゆる体育会系なノリの人だということでした
      ですから
      ハキハキと元気がいい新人が欲しかったのだと思います
      暗いぼくはいらなかったんでしょうね・・

      それから
      貯金はぼくもありませんよ(笑)
      信用金庫からお金を借りて
      何とかやってる状況です
      返済の催促の電話は無視してます(笑)
      12月中に返済しないと我が家は無くなるかもしれません(笑)
      かなり深刻にはなってきてますね
      ぼくが死ぬ気で働けば解決する問題ではありますけれどもね
      来月は必ず働きますよ

      削除
  2. 駄目だったのですね・・・
    お気持ち、お察しいたします。
    受けた企業に気持ちを入れてしまうと、入れた程落ちた時の気持ちの落胆は
    酷いものですよね。
    何度もそういった経験、僕にもあります。
    家に帰りたくない、その気持ちも良く理解できます。
    辛いですよね、ましてやご両親がいるのに、その気持ちのまま帰り辛いですよね。
    もっと気持ちの切り替えが上手くできたら、もっと違う人生を生きられた。
    そう思っています。
    生きるのが上手くないなら、上手くないなりに生きて行きましょ。
    きっとどこかに生きる場所有りますよ、きっとね。

    返信削除
    返信
    1. はげのこさんお元気ですか
      寒くなってまいりましたので
      風邪など召さないように御気をつけください

      両親には今日の昼に
      昼御飯を食べながら
      面接に落ちたことを教えました
      ホッとしました
      やっと心の引っ掛かりが消えました
      気持ちを切り替えて
      また1から出直しができそうです

      はげのこさんと共にぼくは頑張って生きていきますよ
      明るい歌を歌えるようになるまで

      削除
  3. 思うに、面接官の多くは人を見る目は大して無いのではないかと思うんです。

    ブログに最近お邪魔させていただくようになったので、記事をあまり読んでいないのですが…

    正社員という雇用形態に拘らなくても構わないんではないか、なんて個人的には思ったりしています。

    逆に、正社員でも普通に会社が倒産してしまう今時なので、
    パートタイマー等のような形で2社に在籍していることがリスクヘッジに
    なるのではないか、とも思う次第でして。

    考え様次第で気が楽にならないか‥なんて思いました。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん御意見読ませていただきました

      ぼくは正社員への拘りはまったく持っておりません

      パート社員でも厚生年金や雇用保険に加入できます
      パート社員にボーナスを支払う会社もあります(安いですけれど)
      正社員との大きな違いは退職金の有無だとぼくは思うのですが
      これも匿名さんがおっしゃるとおり
      会社が倒産すれば水の泡と消えるでしょう

      パートでもぼくはいいのです
      ただ
      パート社員の世界も
      昔に比べて人間関係が濃厚になってきている様な気がします
      会社との結びつきも責任の重圧も
      正社員並みに強くなっているのではないかと感じます
      これは困り物ですね

      2社に在籍できるほどの余裕はとれないと思います
      不眠不休のスーパーマンならできるかもしれませんが(笑)

      削除
  4. 僕は逆に正社員は嫌です。飲み会やら何やら
    断りにくくなりますし、会社への帰属意識なんて
    全くないですから。それに面接官でも誰でも饒舌
    な人間は信用していません。
    個人的には合否の通知は書面でして欲しいですね。

    とある会社の面接のときに、冒頭で
    「期待しないでくださいね。本当に。」って言われて
    二日後に不採用通知が届いたことがあります。
    最初から採用する気が無いなら面接なんかするなよ
    って感じでした。まあ色々な会社がありますね。

    返信削除
    返信
    1. うどんさんいつもありがとうございます
      だいぶ寒くなってきましたね

      ぼくも正社員にはこだわっていなかったのですが
      「40代を正社員として積極的に採用するぞ」という甘い言葉にのってしまい
      まんまと玉砕してしまいました(笑)
      社内の雰囲気も待遇もかなり良かったんです
      ちょっと悔いが残りましたね

      ぼくも採用の合否については書面で知らせるのが普通だと思っていました
      手紙やメールのほうがいいですね
      電話でお祈りされると精神的にこたえます
      実は今も落ちたことを引きずっています(笑)

      削除
  5. 初めまして。 
    私も同じような状態です。どうにもなりませんよね。
    なぜ、こんな社会にしたのか、腹がたちます。
    ところで、
    生活費を心配されているようですが、雇用保険の受給申請や、生活保護の手続き、
    ご両親の年金などでは、解決できないのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 匿名さんこんばんは
      はじめまして

      ぼくは元自営業者なのです

      事業に失敗して無職になりましたが
      会社の役員でしたので雇用保険の受給対象外でした

      しばらくひきこもった後
      パートやバイトを始めたのですが
      対人関係がうまくいかずに長続きしません
      雇用保険をもらえる期間になるまで
      会社勤めが続かないという情けない状況下におります

      両親はサラリーマンでは無かったため
      両親の年金も国民健康保険だけの最低金額です
      合計で月8万円程度だと思います
      (親の年金はあてにしたくないので金額等詳細を聞いたことがありません)

      親の因果が子に報いといいますか
      自業自得といいますか

      解決策は
      ぼくが死んだつもりになって働くしかないのです

      削除
  6. 匿名でコメントをいただいております皆様

    今後はブログネームでコメントをいただけると嬉しいです

    またコメントをください

    よろしくお願いいたします


    ひきこもりおじさんこと不破ちから

    返信削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。