2012年9月14日金曜日

ランチメイト症候群


工場での昼御飯は食堂でラーメンばかり食べている
ラーメンなら食器が少ないからすぐに片づけられるし
食べ残しても目立たない
だから嫌な人が近くに来たら即座に食べるのを止めて退室できる
内気で臆病なぼくのちょっとした知恵です
ぼくは食堂でひとりで食事をすることもできない
ぼくは毎日一緒に働いている無口な同僚と同席して食事している
彼が居なかったらぼくは食堂に入れないかもしれない
食事中は何も話さないけれど
彼が居てくれるおかげでひとりで食事している姿を見られないで済む
以前にブログにも書いたけれど
ぼくはひとりで外食もできない

ぼくは一種のランチメイト症候群らしい
ランチメイト症候群はランチタイム症候群とも言います
学校や職場でひとりで食事をしている姿を見られるのが辛い
孤独な人間だと他人に思われたくない
だからひとりで食事をできない人は
トイレや図書館で菓子パンをかじったり
社内から外に出て自分の車で食事をしたり
酷くなると昼飯を食べなかったり
ランチタイムの孤独が原因で会社を辞める人もいる
そんな大学生や社会人が世の中にはたくさんいるそうです

ぼくも軽度ではあるけれどそんな症状を持っている
ひとりが好きなくせに
食事している姿を人に見られたくないくせに
(食べることは排泄行為と同じだとぼくは考えている)
ひとりで食事をしている姿を見られたくないなんて
とても矛盾した性格だ
この矛盾した性格のためにぼくは美食という点で人生を損している
度胸のある人はひとりでホテルのレストランに入って行く
家族席で堂々とひとりで食事している人を見ると尊敬してしまう
ぼくには真似のできない行動力だと思う

実はぼくが勤めている工場にランチメイト症候群の人がたくさんいる
眠くなるからと嘘を言って昼御飯を食べない人がいる
お昼になるとトイレに隠れて何かゴソゴソやっている人もいる
食事禁止の仮眠室で菓子パンを食べている人もいる
ぼくの勤めている工場は病巣を抱えていると思う
少し普通ではない人が何人もいる
しかしぼくに似ている人がたくさんいるという安心感がある
この不健全さが
ぼくが何気に感じている居心地の良さなのかもしれない
この工場に勤めて4か月目になる
ぼくの最長勤務記録になっています



雨が降りませんね
ぼくがよく釣りに行く川もかなり水が減っています
普段は危険な水路の上で遊んでしまいました




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。