2012年8月22日水曜日

伝えられない言葉


今日のぼくは珍しくうまくいった
仕事のミスはひとつもしなかったし会話もまあまあ普通にできた
2時間30分の残業
何とか平和に今日1日をのりこえた
帰りの廊下でN課長に声をかけられる
笑顔 笑顔 笑顔
初めて見たN課長の満面の笑顔
(うわっ、ごめんなさい、こっち見んな)
「不破さんもだいぶ仕事に慣れてきたね、良かった良かった」
疲れた顔でぼくは元気に応える
「はい、ありがとうございますっ!
この期に及んでぼくを褒めるとは・・・
やばいな・・・
深みにはまり始めている
ぼくの心中を知ったらN課長はぼくに失望するだろうか?
それともぼくに冷淡になるだろうか?
あの言葉を言える状況ではなくなってきている

工場辞めたい!
それなのに嗚呼っ

今日も勤め先の工場で辞めたいと考えていることを伝えられなかった
「あの、私今月いっぱいで辞めたいのですが、よろしいでしょうか?」
これが言えない
N課長にも総務のUさんにも辞めたいと伝えることができなかった
毎日のいそがしい仕事に追われてどんどん日にちが過ぎていく
早く辞めたいことを伝えなきゃ
N課長にもUさんにも休憩時間に相談できるタイミングがあったのに
ぼくは単細胞でバカだから工場に入って作業が始まると他のことが考えられなくなってしまう
工場には魔力がある
ぼくは魔法をかけられたみたいにただただ仕事一途になる
朝のコンビニで帰りの車の中で
ぼくはあんなに苦しんでいるのに
「辞める!今月で本当に辞めてやる!こんなこともう耐えられない!」
毎日そう嘆いては工場への往復をくりかえしている
工場の内と外でこの心境の変化はどうだろう
まるで二重人格者のようだ
精神的にヤラれちゃってるのかなぼくは

精神的に追いつめられていても働き続けなければならない
生活がかかっている
ぼくは働かなければ生きていけない
ぼくは少ない給料で両親も養わなければならない
でも今の工場は辞めるつもり
そしてまた新しい職場を探して働き続けよう
ぼくはまだまだあきらめない
意外としぶといなぼくは
自分でも驚いています

とりあえず早めに電話で伝えようかと思います
辞めたいこと
これからのこと

もう寝なくちゃ


2 件のコメント:

  1. ぼくも経験あります。ふだんはあまりいいことないのに、辞めようと思ってると、そういう時に限って、ふだんは微笑んでくれない人が微笑んでくれたり、ほめてくれない人がほめてくれたり、愛想悪い人が不気味に良くなったりするんですね。皮肉なもんです。
    いづれにせよ、人は誰かに必要とされていると感じられてこそ働き甲斐を持てますよね。不破さんは職場に必要とされてるのですね。いいことです。うらやましくもあります。続けてゆけれればよいけどね、ご自分では今の職場は辞めようと思っておられる・・・、それはそれで相性が合わんのだから仕方ないですよね。心身がMAXに近づいてるんでしょ?無理して病気やら深刻な事態になったらあかんからね。捨小就大という言葉もあるし。
    大きなお世話かも知れませんが、仕事しながら、それも工場勤務しながら新しい仕事を探すのって難しくないですか?やっぱ雇用保険もらいなさる?
    ハローワークでは担当者にもよるのでしょうが現在の職場に辞意を伝えていることを確認し、伝えてないと言うと紹介してくれんことがありますね。ハローワークはトラブルが恐いんですね。面接受けて不採用だったら今の仕事を継続するというセーフティーバントみたいな形をとれればよいですね。なにせ中年になると求人も限定されてきますしね。それとも年齢ハンディなどカバーできるようなすごい免許や資格とか持っておられるのかな?
    ぼくも毎日、求職サイトで検索しています。販売、介護、調理、看護師ばっかです。とにかく良い方向に行けますようお祈りしてます。

    返信削除
  2. こへれとさんこんばんは
    ぼくの場合
    幸い工業団地が乱立している地域に住んでいますので
    ハローワークに行かなくても求人サイトでいくらでも工場を探せます
    それに長年自営をしておりまして役員付だったものですから雇用保険は使えないのです
    ですからハローワークには行きませんね
    あそこの相談員苦手だし(笑)

    ぼくは濃厚な人間関係に耐えられないものですから正社員になるのは無理なんです
    もっぱらパート社員志望ですからハードルが低いのです
    15日もあれば面接して次の工場にいると思います
    新しい出会いは疲れますけどね

    返信削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。