2012年7月16日月曜日

電話帳配達の季節


連休無しで働いた後やっと仕事休みが来た
明け方の大きめな地震と35度を越える猛暑のため睡眠不足でフラフラだったが
自宅に居ても暑いので思いきってぼくは釣りに出かけた
貯水池に行く途中で電話帳配達の軽バンとすれ違う
助手席に黄色い電話帳(タウンページ)が山積みされていたからすぐにわかった
そうかもうそんな時期かとぼくは思った

ぼくは一度だけ電話帳配達の仕事を経験したことがある
自分の軽のバンを使っての業務委託の仕事だ
配達の仕事は人との交流が希薄なためひきこもりから社会復帰を目指す人には
ちょうどいい仕事かもしれない
しかし電話帳配達はちょっとハード過ぎる
理由はこの暑さ
なぜこのクソ暑い時期に配達するのかさっぱりわからないが
ぼくが求人に応募して仕事をした時期も8月上旬で酷く暑い日だった
もうひとつの理由は配達だけではなく古い電話帳の回収もしなければならないからだ
会社から指定された地域を
地図を確認しながら一家一家訪問して
新しい電話帳を渡して古い電話帳を預かってこなければならない
エレベーターが無い公団マンションや車が入れない場所もある
ノルマはあるし携帯端末への入力もたいへんだった
新しいタウンページを車いっぱいに積んで
帰りは古いタウンページを車いっぱいに積んで戻って来ることになる
暑さで人も車も壊れてしまう
ぼくは汗をダラダラかきながら販売機でジュースばかり飲んでいたことだけおぼえている
あまりに辛い仕事だったのでいくら貰ったのかも忘れてしまった(5万円くらいだったかな)
たしか5日働いて辞めたと思う
ひとりでするにはキツ過ぎる仕事だし仲間と組んで仕事するには安過ぎる
割に合わない仕事のひとつだと思う



今日もよく釣れた
小魚ばかり
質より量で勝負する釣りなら誰にも負けません
貧乏なぼくらしい収穫でした


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。