2012年7月1日日曜日

働く理由


ぼくは20代の頃ずっと働く理由(わけ)を探していた
一番知りたいことは働く理由だった
親がお金をくれなくなった時に人が働く理由は生活費を得るためだと気づいた
しかし生きることよりも死にたい願望が強かったぼくには
生きるために働くという理由にリアリティーを感じることができなかった
人間関係がうまくいかず会社に行くくらいなら死んだほうがマシだと思い続けていた
物欲は無いし関心のあることは何も無かった
ただ人に会うのが嫌でいつも部屋で寝ていたかった
特技はひきこもりで何日も部屋で寝ていてもへっちゃらだった
マイカー 海外旅行 恋人とのデート マイホーム結婚資金 酒タバコ 風俗
競馬 パチンコ テレビゲーム レンタルビデオ 音楽CD 焼肉 コンパ
ぼくが若かった90年代前半の20代働く若者の消費はこんな感じだった
どれもくだらない
さんざん働いたって稼いだお金の使い道なんてたかがしれている
苦しい思いをして会社で働いて何の意味があるのだろう
みんな世間体や親の目を気にして働いているだけじゃないのかとシニカルに思っていた

45歳にもなると働く理由なんてどうでもよくなる
人生詰んでいるから夢も希望も無い
生活費を得るために働くただそれだけのことだ
このブログはぼくが自分を奮起させるために始めた
自分を騙そうとこのブログでいろいろな理論武装をしてみたけれど
あいかわらず工場に入るのが恐い
心に嘘はつけない
やっぱり嫌なものは嫌だ
本当は働きに行くことが嫌なのだ
どんなに理論武装しても嫌なものは嫌なのだ
部屋にひきこもっていたい
休日なのに鼓動が速くなるし手のひらに汗をかいている
1日のうちで仕事のことを考えてしまうウェイトが重くなり過ぎている
誰もいない場所に住みたい
ひとりになりたい
たかがパート社員の仕事なのにこれだ

会社を辞めたときにはじめて自分の居場所がまたひとつなくなってしまったことに気づくことをぼくは経験で知っている
自分が働くことが好きではないこともぼくは経験で知っている
伊達に45年もダメな自分に付き合っていない
明日も工場に行って生活費を稼がなければならない
明日もこれからもブザマに生きぬくだろう
午前中はひとりでため池に趣味の釣りに行っていた
しとしとと降る小雨が冷たくて気持ちがいい
この小さなため池もブラックバス等の外来魚に汚染されてしまっていている
他の種類の小魚を食い潰す肉食の害魚で環境を破壊する嫌われ者だ
害魚の稚魚を釣ったら池に返さないで処分することが環境のためのルールだ
生命力が強くどんどん増えていくから滑稽なほど簡単に釣れるので面白くない
それに貪欲で釣り針を飲み込んでしまうので口から外すのに手間がかかる
自分にもこの強い生命力と貪欲さがあれば
ぼくは邪魔で滑稽なブラックバスでもいい


2 件のコメント:

  1. 初めまして、管理人さま

    私も誰とも関わらない暮らしがしたいです。
    もう人と一切会わない仕事をして
    その上、周りにひと気のない家に住みたい。
    日々そんな馬鹿みたいな事を思って
    家や仕事を実際に探しています。
    そんなおり、こちらを見つけて訪れた次第です。
    家は在りそうだけど、仕事は警備関係を探しても全く無いです。
    管理人さまは何か良い仕事知りませんか?今まで見た仕事の中で。
    在れば教えて頂けたら嬉しいです。
    ちなみに私は22歳の引きこもりです。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さんコメントありがとう

      仕事ですか・・・
      フォークリフトの免許を持っていると工場では重宝がられますね
      求人も多いですし
      工場内でフォークリフトの運転をしていれば済むわけですから
      会話もあまりしないでいいし
      心労は少ないみたいです
      免許取得に5万円かかりますけれどね

      それと郵便配達ですかね
      郵便事業株式会社の期間雇用社員外務
      社会復帰をした人がたくさん勤めていますね
      仕事をおぼえるまでは本当にたいへんですけれど
      (誤配をすると始末書を書かされます)
      外に出てしまえばひとりの仕事ですから精神的には楽ですね
      22歳なら3年続ければ正社員の道が開けますよ
      御近所の郵便局で募集しているといいのですが

      削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。